2014年6月21日土曜日

【セミナー】db tech showcase 2014 大阪 に行ってきました

6/19、20でdb tech showcase 2014 大阪に行ってきました。
http://www.insight-tec.com/dbts-osaka-2014.html


データベース関連のセミナーとしては日本最大規模のもので、1回目(Insight Out)から欠かさず参加しています。このイベントのお陰でデータベースをもっと勉強したいと思うようになったきっかけなので、これからもできるだけ参加したいと思っています。

6月19日、朝イチの新幹線で大阪に向かいました。


朝9時に大阪到着。新幹線は速いです。


この日は以下のセッションを聞きました。

C21:DBAが知っておくべきハードウェアテクノロジー
A22:OracleからOSS-DBへ乗り換える前にSE Oneを有効活用しよう
B23:PostgreSQLのインデックス・チューニング
A24:SQL Server パフォーマンス問題対処 Deep Dive
C25:日本のビッグデータを誰が必要としているのか
A26:温故知新 データベース☆オールスターズ

興味のあるところをごたまぜで聞いてみました。特にハードウェアとDBについては勉強していきたいと思いつつもどう取り組んでいこうかと悩んでいたことので、とても役に立ちました。

この日は大阪に宿泊、夕飯は新世界に近いジャンジャン横丁で串カツを食べました。



6月20日、ワールドカップで盛り上がりましたが、また午前のセッションから聞きに行きました。

B31:LOGMinerってレプリケーションソフトで使われているけどどうなってる?
C32:第四世代 SQL Server 最新機能とインテル Xeon E7 v2 検証結果 Part1
C33:第四世代 SQL Server 最新機能とインテル Xeon E7 v2 検証結果 Part2
A34:HDDからインメモリーテクノジーへ
C35:HadoopはRDBエンジニアに何を求め、どうなろうとしているのか

最後の村上さんのセッションも聞きたかったのですが、残念ながら帰りの新幹線の関係で聞けませんでした。
特にSQLServerのアーキテクチャの変更点は勉強になりました。AWE選択できないんですね。

今回も面白いセッションをたくさん聞かせてもらいました。秋には東京で行われるので、また行きたいですね。

2014年6月7日土曜日

ORA-00020: maximum number of processes

先週は金曜日にOracleのパフォーマンスチューニングネタで自社の社内セミナー講師をさせてもらい、土曜日にPostgresしくみ勉強会に参加させてもらいました。
仕事で忙しくてなかなか勉強する時間がとれませんが、だいぶ落ち着いてきたのでいろいろとインプットしていきたいなと思っています。

さて、今週はRealApplicationTesting(RAT)による検証で、こんなOracleエラーに遭遇したお話を。

ORA-00020: maximum number of processes(1000)

起動している初期化パラメータPROCESSの上限を超えてしまったエラーでした。
RATで設定していたセッションが初期化パラメータを超えていたために発生させてしまいました。


対処としては、プロセス数を上げればOKです。

alter system set processes = 4000 scope = both;

ただ、OS側でプロセスを増やしてよい設定になっているか検討は必要です。
システムリソースの上限を設定するulimitで確認する必要があります。

ulimit -aでリソース上限の設定を確認できます。

processes : プロセス数上限
memory    : 使用されるメモリーの上限

ここらへんは見ておいたほうがよいかも。


ulimit -nで設定変更できますが、再起動すると設定が戻ってしまうので、limit.confの設定も変更する必要があります。