2014年7月19日土曜日

セルサーバのアラートログ

セルサーバのアラートログ

OracleではDBインスタンスのアラートログ、RACの場合はASMインスタンスのアラートログが用意されていますが、
セルサーバにもアラートログが用意されています。

/opt/oracle/cell11.2.3.2.1_LINUX.X64_130109/log/diag/asm/cell/`hostname`/trace
alert.log
にあります。
※cell11.2.3.2.1_LINUX.X64_130109はバージョンによって変わります。


/opt/oracle/cell11.2.3.2.1_LINUX.X64_130109
は、ログとかプログラムとかがいろいろ入っていたりします。

/opt/oracle/cell11.2.3.2.1_LINUX.X64_130109/cellsrv/bin
には、cellcliも入っています。


ちなみに、アラートはcellcliからも見ることができるようです。
cellcli
CELLCLI> list alerthistory
where句で条件を絞ったりもできます。
CELLCLI> listalerthistory where severity = 'critical'

2014年7月9日水曜日

セルサーバのコマンドラインcellcli

Exadataでは、DBキャッシュのほかにセルサーバにもキャッシュを持っています。
セルキャッシュは、オブジェクトに対して、NONE,DEFAULT,KEEPのいづれかを選択できます。
 alter table table1 storage (cell_flash_cache keep);

ところで、実際にセルサーバの中ではどのように処理されているのでしょうか?
セルサーバにはcellcliという機能が用意されています。
コマンドの一覧はhelpで見ることができます。

CellCLI> help

 HELP [topic]
   Available Topics:
        ALTER
        ALTER ALERTHISTORY
        ALTER CELL
        ALTER CELLDISK
        ALTER GRIDDISK
        ALTER IORMPLAN
        ALTER LUN
        ALTER THRESHOLD
        ASSIGN KEY
        CALIBRATE
        CREATE
        CREATE CELL
        CREATE CELLDISK
        CREATE FLASHCACHE
        CREATE GRIDDISK
        CREATE KEY
        CREATE THRESHOLD
        DESCRIBE
        DROP
        DROP ALERTHISTORY
        DROP CELL
        DROP CELLDISK
        DROP FLASHCACHE
        DROP GRIDDISK
        DROP THRESHOLD
        EXPORT CELLDISK
        IMPORT CELLDISK
        LIST
        LIST ACTIVEREQUEST
        LIST ALERTDEFINITION
        LIST ALERTHISTORY
        LIST CELL
        LIST CELLDISK
        LIST FLASHCACHE
        LIST FLASHCACHECONTENT
        LIST GRIDDISK
        LIST IORMPLAN
        LIST KEY
        LIST LUN
        LIST METRICCURRENT
        LIST METRICDEFINITION
        LIST METRICHISTORY
        LIST PHYSICALDISK
        LIST THRESHOLD
        SET
        SPOOL
        START


特定のオブジェクトがキャッシュされているかどうかを確認することもできます。
まずは、DBにログインし、確認対象のオブジェクトのdata_object_idを確認します。
SQL> SELECT data_object_id FROM dba_objects WHERE object_name=‘EMP’;

その後、Storageにログインし、確認したdata_object_idから検索すると、キャッシュされているフラッシュキャッシュを見ることができます。
CellCLI> list flashcachecontent where objectNumber = data_object_id detail


これでセルキャッシュに乗っているか確認ができます。
ちなみに、セルキャッシュをキャッシュするには、以下の2つのコマンドが必要になります。

CellCLI> alter flashcache all flush ←キャッシュをフラッシュし、以後キャッシュしない
CellCLI> alter flashcache all cancel flush ←キャッシュのフラッシュをキャンセルする(以後キャッシュできるようになる)